ソフトウェア

Quick Password Maker ver1.1 Released!

Get Your Password Stronger and Safer!

This app automatically creates a new password.

Recently, many accidents that are unauthorized access to accounts by the recycling of password have occurred. With the increase in IT service, it becomes necessary to set a different password in each. However, to perform it, when a person thinks with one’s head, there is a limit in both the variation and the strength. If you use this application, the application makes stronger and safer password, instead of you.

Screenshot of Quick Password Maker

Screenshot

Features

  • You can specify each use and non-use uppercase, lowercase, numbers as character types.
  • You can specify individual use / non-use from 13 types as a symbol.
  • You can specify to use one or more times always the character types of all.
    Even if how many symbols are specified, symbol is counted as one kind.
  • You can specify not to use more than once the same character.
    In some cases, you can not specify it in consideration of character types and password length.

Usage

  1. Specify the character types to use for password.
  2. Specify the length of the password.
  3. Press the button “Generate Password”.
  4. Copy and use as needed.

Requirements

iPhone, iPod Touch(iOS 6.0 or later)

License & Copyright

  • This software is FREEWARE. There is NO CHARGE Upon use.
  • CROSS LABORATORY holds the copyright.

Disclaimer

  • This software is NO GUARANTEE. We shall not take responsibility for any damage that occurred because of the use. Please use it in the responsibility of own.

Misc

  • After generate passowrd, Shake your device to erase the password.

History

  • v1.0 (2013-06-22)
    • Released.
  • v1.1 (2016-06-16)
    • Adapted to iOS 9.

Xls/xlsx Names Eraser バージョン1.0.0版公開

ダウンロード

◆ これは何か?

  • 拡張子が xls または xlsx であるMicrosoft® Excel®ブック形式のファイルに定義されている不要な「名前」を削除するためのアプリケーションです。ブックファイルに定義された全ての「名前」を削除することで、結果としてファイルサイズを抑制することができます。削除したくない名前を設定することもできます。
  • Microsoft® Excel® ブック形式のファイルを情報資産として担当者から担当者へと、特にコンテンツは引き継がなくても書式だけ引き継がれるということもあります。その過程で、意図すると意図せざるとにかかわらず名前を定義することがありますが、それがある時は有用であったにせよ、たまたま外部リソースを参照しているなどしてたために別の環境では使えず、よく分かっていない人が元の名前を削除せずに別の名前を再定義して、そうやって再利用を繰り返しているうちにファイルサイズが肥大化してしまうということがあります。
    書式を使いたいなと思うファイルをコピーして、書式だけ残してコンテンツをクリアし、新しいドキュメントとして作成し始めたとします。大したコンテンツを追加していないのに、まっさらな状態から作成した時と比べてやけにファイルサイズが大きいとか、編集時の操作がもたつくといったことに気付いた場合、よくよく調べてみると無用な名前定義が数十個も登録されていたというようなケースがありました。更にはそれらの名前定義が非表示になっており、見える名前だけ削除しても状況があまり改善しないということもあります。
  • 主に既存ドキュメントの書式を流用して別のドキュメントを作成するような管理者や担当者の方に使っていただくことを想定しています。これまではこうしたメンテナンスは行われておらず、あるいはメンテナンスを行ったとしても個別に手作業で不要な名前を削除していたと思いますが、これからはそうした手作業の必要が無くなります。私自身もそうした手作業を、忙しいさなかに行ってうんざりした経験からこのアプリケーションを開発しました。

◆ 動作環境

.NET Framework 4.0 が動作する環境。

  1. お使いのコンピュータにまだ .NET Framework 4.0 を導入されていない場合は以下のURLからダウンロードしてインストールを行う必要があります。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/net/netfx4/download.aspx
  2. Microsoft® Excel® 2007 以降がインストールされている環境。

◆ 使い方

  • Microsoft® Excel® ブック形式のファイルまたはそれらを含むフォルダをマウス等でドラッグ&ドロップします。フォルダの中にはブック形式以外のファイルが含まれていても構いません。
  • 削除したくない名前を「削除しない名前」欄に追加します。
  • 実行ボタンを押すと確認ダイアログが表示され、OKボタンを押すと処理を開始します。
  • 尚、隠しファイルや読取専用ファイルは処理されません。
  • 一度実行後、続けて作業を行いたい場合は「全てクリア」ボタンを押してリストをクリアしてから、再度ファイルまたはフォルダをドロップして作業を行うことができます。

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。
  • 特に大切な情報資産を取り扱う場合には、バックアップを取得するなど万全の態勢を敷いた上でご利用いただくようにお願いいたします。

更新履歴

  • v0.0.1b (2015-07-02)
    β(ベータ)版公開
  • v0.0.2b (2016-02-29)
    ファイルを開くパスワードを指定できるように変更
  • v0.0.3b (2016-03-02)
    パスワードを渡せていなかったバグを解消
  • v1.0.0 (2016-03-07)
    タイムスタンプを維持するオプションを追加
    設定を保存できるように変更

List File Attributes バージョン1.1.0版公開

ダウンロード

◆ これは何か?

  • ファイルのパス名、サイズ、更新日時などの属性をリスト化するアプリケーションです。
  • とはいっても、ただリスト化するだけでは価値が無くて、それを属性項目ごとにクリップボードへコピーして、他のアプリケーションで利用することを想定しています。
  • 個人利用ではほとんど使う機会はないと思いますが、法人などではファイルを資産として管理する場合、ファイルの一覧を作成することがあると思います。しかし対象のファイル数が多いと、これがなかなか面倒くさい作業で、そういった作業の負荷を軽減するためにこのアプリケーションを作成しました。

◆ 動作環境

.NET Framework 4.0 が動作する環境。

  1. お使いのコンピュータにまだ .NET Framework 4.0 を導入されていない場合は以下のURLからダウンロードしてインストールを行う必要があります。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/net/netfx4/download.aspx

◆ 使い方

  • 情報を取得したいファイルまたはそれらを含むフォルダをマウス等でドラッグ&ドロップします。
  • パスに関しては区切り文字の設定や、何文字目からコピーするかを指定します。
  • コピーしたい項目(名前、パス、サイズ、更新日時、作成日時)をプルダウンリストから選び、コピーボタンを押下するとクリップボードにその項目がコピーされます。
  • 一度実行後、続けて作業を行いたい場合は「全てクリア」ボタンを押してリストをクリアしてから、再度ファイルまたはフォルダをドロップして作業を行うことができます。

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。

更新履歴

  • v1.0.0 (2013-07-07)
    公開
  • v1.1.0 (2013-07-10)
    パスを相対パスと絶対パスに分けて表示・コピーするように修正

Letter Case Converter バージョン1.1.0公開

ダウンロード

◆ これは何か?

  • アルファベットの大文字表記、小文字表記を含めた記法を変換するためのアプリケーションです。
  • 主にソフトウェアの開発者が、項目名や変数を定義する際に、コーディング規約あるいは命名規約等に適合させるために大文字・小文字を揃えたり単語をハイフンやアンダースコアで連結させるといったことを頻繁に行いますが、その作業を支援するために作成しました。
  • 例えば次のような記法に相互に変換ができます。
    • Upper Camel Case(PascalCaseとも)
      aaa bbb ccc ⇒ AaaBbbCcc
      (例)McDonald, PlayStation
    • Lower Camel Case
      aaa bbb ccc ⇒ aaaBbbCcc
      (例)iPhone, jQuery, cdmaOne
    • Start Case
      aaa bbb ccc ⇒ Aaa Bbb Ccc
      (例)App Store, Internet Explorer
    • Spinal Case
      aaa bbb ccc ⇒ aaa-bbb-ccc
      (例)AIR-EDGE, co-op, e-business
    • Upper Snake Case
      aaa bbb ccc ⇒ AAA_BBB_CCC
      (使用例)DBのオブジェクト名、プログラムの定数名など
    • Lower Snake Case
      aaa bbb ccc ⇒ aaa_bbb_ccc
      (使用例)DBのオブジェクト名、プログラムのローカル変数名など

◆ 動作環境

.NET Framework 4.0 が動作する環境。

◆ 使い方

  • 変換元欄にテキストを貼り付けます。
  • 変換元欄に貼り付けたテキストの区切り文字を選びます。
  • 変換後の大文字・小文字の種別と、区切り文字を選びます。
  • 変換ボタンを押すと変換結果欄に変換後のテキストが表示されます。
  • コピーボタンを押すとクリップボードにコピーされます。
  • 大文字・小文字の種別は以下のようになっています。
    • 全ての単語の先頭が大文字 ⇒ Aaa Bbb Ccc
    • 2番目以降の単語の先頭が大文字 ⇒ aaa Bbb Ccc
    • 全て大文字 ⇒ AAA BBB CCC
    • 全て小文字 ⇒ aaa bbb ccc

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。

更新履歴

  • v0.0.1 (2013-04-18)
    公開
  • v1.0.0 (2013-05-25)
    アイコンを追加して正式版とする
  • v1.1.0 (2013-07-10)
    連続した区切り文字をスキップするように修正

String Encoder / Decoder バージョン1.0.0公開

ダウンロード

◆ これは何か?

  • 文字列を符号化および複合するためのツールです。 現在はURLエンコード(パーセントエンコーディング)、およびBase64に対応しています。
    URLエンコードはRFC3986とRFC1866に対応しています。両者の違いは、RFC3986が半角スペースを「%20」と符号化するのに対し、RFC1866では半角スペースを半角「+」記号に符号化します。
  • 主にWebアプリケーションの開発者、テスト実施者のために作りました。 HTTPのテストツールやcurlコマンドなどで URLに直接パラメータを埋め込みたい場合に役立ちます。
  • それだけでなく、Webサイトの運用者またはマーケッターで、 検索ワードなどの収集を行っている方にとっても有用です。多くのキーワード集計ツールは自動で複合してくれますが、何らかの理由でうまく複合できない場合があります。そんな時に手動で変換できます。
  • Web上に本ソフトウェアと同等の機能を提供するサービスがありますが、 本ソフトウェアはネットワーク接続を必要としないので、インターネットに接続できないような閉じたネットワーク環境での実行や、 それらのWebサービスにログを残したくない場合などに適しています。またトラフィックによるレスポンスの悪化を気にする必要もありません。

◆ 動作環境

.NET Framework 4.0 が動作する環境。
(Client Profileでは動作しません。フルインストールが必要です。)

◆ 使い方

  • 変換方法を以下から選びます。
    URL Encode/URL Decode/Base64 Encode/Base64 Decode
  • 文字列の文字集合(Charset)を以下から選びます。
    ASCII/UTF-8/UTF-16/Shift_JIS/EUC-JP/ISO-2022-JP
  • Input欄にテキストを貼り付けます。Output欄に変換文字列が表示されます。
  • コピーボタンを押すとクリップボードにコピーされます。

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。

更新履歴

  • v0.0.1 (2013-04-01)
    公開
  • v0.0.2 (2013-04-14)
    .NET Framework 4.0のClient Profileのみがインストールされている場合にURLエンコードを行うと例外が発生するのでダイアログを表示するようにした。
  • v1.0.0 (2013-05-25)
    アイコンを追加して正式版とする
アーカイブ