No iOS Development certificate was found に対処する





iOSでの開発を久しぶりに、しかも新しい機種で行おうとしたらxcodeで「No iOS Development certificate was found」というエラーになり、デバイスが登録できないという現象に陥ったので、対処方法を忘れないようにメモしておく。

単にProvisioning Profileの有効期限切れなのだが、どうやったかすっかり忘れてしまっている。これまた久しぶりに iTunes Connect へアクセスし、「Certificates, Identifiers & Profiles」というメニューに入る。左メニューの「Provisioning Profiles」にて[+]マークをクリックすると新しいプロファイルを作成する手順に移行する。

新しいプロファイルの作成過程で、証明書も期限が切れていると証明書(ios_development.cer)も作り直すことができる。この時別の証明書(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)が必要になる。もしこれも有効なものが無ければキーチェーンアクセスから認証局に証明書を要求する。これで無事にプロファイル(*.mobileprovision)が作成され、ダウンロードが可能になる。

最後にxcodeのOrganizerでダウンロードしたプロファイルを追加すればデバイスを登録できるようになる。


関連記事

Leave a Reply

アーカイブ