Posts Tagged ‘Exif’

JPEG Image Filer バージョン2.6.0公開


ダウンロード

◆ これは何か?

  • デジカメで撮影した写真などを自動的に撮影日でフォルダに整理するためのアプリケーションです。撮影日はExif情報を利用しています。
  • 大抵のデジカメは付属のユーティリティソフトウェアでパソコンに取り込む時に同様の事が出来ますが、私が持っている少し古いデジカメの付属ソフトウェアでは取り込んだ日付でフォルダを作成してしまうため、整理するのに困ってこのアプリケーションを作成しました。
  • また、友人などから大量の写真をもらった際に撮影日毎に整理するのにも重宝します。
  • 動画の振り分けにも対応して欲しいという声が多かったため、v2.0.0よりデジカメ等で撮影したMP4形式の動画も対象になりました。 対象となる拡張子は次の通りです。(.mov、.mp4、.m4v、.m4a、.m4p、.3gp、.3g2、.aac)

◆ 動作環境

.NET Framework 4.5 以上が動作する環境。

  • お使いのコンピュータにまだ .NET Framework 4.5 を導入されていない場合は以下のURLからダウンロードしてインストールを行う必要があります。(v2.6.0より .NET Framework の要件が変更になりました。)
    https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42643

◆ 使い方

スクリーンショット

  • JPEG画像ファイルやMP4動画ファイルまたはそれらを含むフォルダをマウス等でドラッグ&ドロップします。フォルダの中にはJPEG画像以外のファイルが含まれていても構いません。
  • 出力先のフォルダを指定します。参照ボタンで開くフォルダ参照ダイアログで指定するか、隣のテキストボックスに入力するか、フォルダをドラッグ&ドロップします。
  • フォルダ階層を選びます。指定した出力先フォルダの中にさらにフォルダを作成します。標準は撮影年月日です。
  • 実行ボタンを押すと確認ダイアログが表示され、OKボタンを押すと処理を開始します。デフォルトでは対象ファイルをコピーして振り分けますが、「コピーではなく移動する」にチェックを入れておくと、振り分けたファイルは元の場所から移動してしまいます。(このツールでは元には戻せないのでご注意ください。)
  • 実行中に中断ボタンを押すと処理を中断することができます。中断後にもう一度実行ボタンを押すと処理を再開します。
  • 尚、隠しファイルやExif情報が存在しない画像ファイルは処理されません。その場合「撮影日の無いファイルを隔離する」にチェックを入れておくと、「隔離フォルダ名」で指定したフォルダ(出力先フォルダの直下に作成されます)に振り分けることができます。
  • 一度実行後、続けて作業を行いたい場合は「全てクリア」ボタンを押してリストをクリアしてから、再度ファイルまたはフォルダをドロップして作業を行うことができます。

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。

更新履歴
  • v0.0.1 (2013-04-23)
    公開
  • v0.0.2 (2013-04-24)
    画像ファイルの解放が遅れることによる不具合を解消
  • v0.0.3 (2013-04-25)
    ファイル数が多い場合に「応答なし」になる現象を回避
  • v1.0.0 (2013-04-26)
    アイコンを追加して正式版とする
  • v1.1.0 (2013-07-07)
    ファイル階層の取得方法を変更
  • v1.2.0 (2013-08-07)
    出力先ディレクトリの日付書式を指定可能に変更
    処理実行の確認ダイアログをキャンセル可能に変更
    フォルダ選択ダイアログをキャンセル時の不具合を解消
  • v1.3.0 (2014-05-11)
    空でないディレクトリにも出力可能に変更
    それに伴い、同じ名前のファイルはエラーとして表示するように変更
    ディレクトリ階層に年月日だけでなく年月を指定可能に変更
  • v2.0.0 (2015-04-18)
    MP4形式の動画の振り分けに対応
    撮影日が取得できないファイルも特定のフォルダに振り分けるように変更
  • v2.1.0 (2015-06-16)
    設定を保存するように変更
    それに伴い、日付書式のUIを変更
  • v2.2.0 (2015-08-08)
    ファイル一覧をソート出来るように変更
    進捗状況をプログレスバーに加えて数値でも表示するように変更
    撮影日が取得できないファイルでも、ファイルの作成日または更新日で振り分けできるように変更
    日付書式に曜日を指定できるように変更
  • v2.3.0 (2015-08-09)
    処理結果をファイルにエクスポート出来るように変更
  • v2.3.1 (2015-09-05)
    フォルダ名生成の不具合を解消
    撮影日が初期値の場合も取得できないと判断するように変更
  • v2.4.0 (2015-09-08)
    動画の撮影日がエポックだった場合に補正するオプションを追加
  • v2.4.1 (2015-09-09)
    撮影日が取得できないファイルを特定のフォルダに振り分ける不具合を解消
  • v2.5.0 (2016-07-13)
    コマンドライン引数を受付けるように変更
    (これにより、ショートカットを「送る」メニューに入れるとファイルを追加可能に)
    メニューからファイルを追加できるように変更
  • v2.6.0 (2016-12-06)
    振分処理を実行中に中断ができるように変更
アーカイブ