言葉

項目名を付けるのに役立つ略語・頭字語・類義語・対義語辞典


 プログラムの変数名や関数名、メソッド名やクラス名、データベースのテーブル名やカラム名など、設計工程から製造工程に至るまでアルファベットで名付けをする場面はたくさんある。それらの名付けで一番重要なことは、一目で意味または用途が解るということである。Visual Basicみたいに日本語で変数や関数を付けられればある意味それがベストである。だが、このグローバルな時代に日本語で名付けを行ってしまえば、海外の設計者・開発者は困るだろう。文字が表示されれば良い方で、フォントが対応していなければ全く読めなくなってしまう。

 というわけで、多くの人が英数字を用いて名付けを行っているだろう。他所のシステムのテーブル定義やソースコードを拝見するとネーミングセンスに動揺することがある。英語とローマ字が混在しているものや、酷い場合はローマ字の母音抜きとか、短縮しすぎて全く意味不明な名前にお目にかかることがある。これでは誰も保守する気がしないだろう。というか保守しなければならない人たちが気の毒だ。

 英数字で名付けをするのならできるだけ英語を使いたい。しかしフルに英単語を使えばすぐに名前は長くなってしまい、それはそれで読みにくい場合がある。その場合は短縮形を使って名前を短くするのが良い。どうせ短縮するのなら自分で勝手に短縮するよりも、できるだけネイティブが使う短縮形の方が理想だ。そこである単語にはどのような短縮形があるのかを調べるサイトを活用する。

いずれも単語から略語(Abbreviation)を検索、略語から元の単語を検索という双方向の検索が可能だ。略語には頭字語(Acronym)も含まれる。また、よく悩むのがあるところでdeleteを使ってしまったから代わりの単語は無いか、というケース。そんな場合は類義語(Synonym)辞典が役に立つ。以下のサイトでは収録数は少ないものの対義語(Antonym)辞典も備えている。

これらのサイトを活用すれば今日からクールなネーミングが簡単にできるようになるぞ。

アーカイブ