Posts Tagged ‘URLエンコード’

String Encoder / Decoder バージョン1.0.0公開


ダウンロード

◆ これは何か?

  • 文字列を符号化および複合するためのツールです。 現在はURLエンコード(パーセントエンコーディング)、およびBase64に対応しています。
    URLエンコードはRFC3986とRFC1866に対応しています。両者の違いは、RFC3986が半角スペースを「%20」と符号化するのに対し、RFC1866では半角スペースを半角「+」記号に符号化します。
  • 主にWebアプリケーションの開発者、テスト実施者のために作りました。 HTTPのテストツールやcurlコマンドなどで URLに直接パラメータを埋め込みたい場合に役立ちます。
  • それだけでなく、Webサイトの運用者またはマーケッターで、 検索ワードなどの収集を行っている方にとっても有用です。多くのキーワード集計ツールは自動で複合してくれますが、何らかの理由でうまく複合できない場合があります。そんな時に手動で変換できます。
  • Web上に本ソフトウェアと同等の機能を提供するサービスがありますが、 本ソフトウェアはネットワーク接続を必要としないので、インターネットに接続できないような閉じたネットワーク環境での実行や、 それらのWebサービスにログを残したくない場合などに適しています。またトラフィックによるレスポンスの悪化を気にする必要もありません。

◆ 動作環境

.NET Framework 4.0 が動作する環境。
(Client Profileでは動作しません。フルインストールが必要です。)

◆ 使い方

  • 変換方法を以下から選びます。
    URL Encode/URL Decode/Base64 Encode/Base64 Decode
  • 文字列の文字集合(Charset)を以下から選びます。
    ASCII/UTF-8/UTF-16/Shift_JIS/EUC-JP/ISO-2022-JP
  • Input欄にテキストを貼り付けます。Output欄に変換文字列が表示されます。
  • コピーボタンを押すとクリップボードにコピーされます。

◆ 利用条件

  • 本ソフトウェアはフリーウェアとして公開しています。ご利用に当たり料金は発生いたしません。
  • 著作権はクロスラボラトリーにあります。

◆ 免責事項

  • 本ソフトウェアは無保証です。ご利用によって生じたいかなる損害に対しても作者は責任を負わないものとします。ご自身の責任においてご利用ください。

更新履歴
  • v0.0.1 (2013-04-01)
    公開
  • v0.0.2 (2013-04-14)
    .NET Framework 4.0のClient Profileのみがインストールされている場合にURLエンコードを行うと例外が発生するのでダイアログを表示するようにした。
  • v1.0.0 (2013-05-25)
    アイコンを追加して正式版とする
アーカイブ