Posts Tagged ‘Eclipse’

Windows版EclipseのSymfonyプラグインで任意のバージョンを使う


 私は以前からPHPの開発にも統合開発環境ソフトのEclipseを利用してきた。それでも5年程前のものはあまり使い勝手が良いとは言い切れなかった面があるが、WTPそしてPDTの進化に伴って今では私にとって必要不可欠なツールとなっている。
 そしてPHPのWebアプリケーションフレームワークであるSymfony2。バージョン1系に比べたら格段に取っ付き易くなった。そしてさらに開発効率を向上させるのがEclipse用のSymfonyプラグインだ。Eclipseで新規Symfonyプロジェクトを作成すると、基本的なWebアプリケーションのアーキテクチャは既に出来上がっている状態で開発をスタートできる。
 ところがこのプラグイン、Symfonyのバージョンは2.0.17と2.1.2しか用意されていない。一応カスタムレイアウトと称して、Symfonyのサイトからダウンロードした任意のバージョンのアーカイブファイルを利用してプロジェクトのセットアップができるようになっている。なのにWindowsで作業をした場合、プラグインの不具合のためかエラーとなってしまい先に進まない。今回はそれを解消する力技を紹介したい。

 尚、Eclipseのバージョンは3.7(Indigo)、Symfonyプラグインは2013年4月10日現在マーケットプレイスで入手できる最新版を用いた。Symfonyのバージョンは2013年4月10日現在公式サイトでダウンロードできるバージョン2.2.1を試した。

 まず普通に設定を試みる。Eclipseのメニューから ウィンドウ>設定 を選択し、設定画面を開く。設定画面のメニューから Symfony>Distributions を選択し、 Custom Symfony distributions 欄の「新規」ボタンを押下する。ファイルダイアログが開いたらアーカイブ(例えば Symfony_Standard_Vendors_2.2.1.tgz )を選ぶのだが、何故かファイルのあるフォルダを開いてもファイルが見えない。それでもファイル名を直接入力することで登録は可能だ。
 次に今登録したアーカイブを使ってSymfonyプロジェクトを作ってみよう。Eclipseメニューの ファイル>新規>プロジェクト… を選ぶ。新規プロジェクトダイアログが開いたら Symfony>Symfony Project を選んで「次へ」ボタンを押下する。 New Symfony project ダイアログが表示されるのでプロジェクト・レイアウトの欄のリストから Custom project layout を選ぼう。すると隣のアーカイブのリストの表示が不自然ではないだろうか。アーカイブを1つしか登録していなくてもリストは2項目表示され、しかも1つ目はドライブレターのみだ。試しに「プロジェクト名」欄に入力してもエラーが表示されて先には進めないはずだ。
 これは推測だが、おそらくWindowsのパスに含まれるコロン「:」をUnix系でいうパス区切り文字として処理してしまっているのではないだろうか。その証拠に、リストのアーカイブ名のパスの最後にセミコロン「;」がくっついている。セミコロンはWindowsにおけるパス区切り文字だ。(作者はもしかしたらMacで開発しているのかもしれない。)

 しばらく悩んだのだが、これを解決するには直接設定ファイルを書き換えるしかないと思った。この設定ファイルは以下の場所にある。

1
{ワークスペースのパス}\.metadata\.plugins\org.eclipse.core.runtime\.settings\com.dubture.symfony.ui.prefs

このファイルをテキストエディタで開き、

1
Symfony\ distributions=C\:\\path\\to\\archive\\Symfony_Standard_Vendors_2.2.1.tgz;

となっているところを次のように書き換える。但し、ドライブレターを省略するため、Eclipseをインストールしているドライブである必要がある。

1
Symfony\ distributions=/path/to/archive/Symfony_Standard_Vendors_2.2.1.tgz\:

書き換えたら保存してEclipseを再起動してみよう。そして先ほどと同じ様に新規プロジェクトを作成してみて欲しい。今度はエラーもなく、最新のバージョンでSymfonyプロジェクトをセットアップできたはずだ。

 余談だが、これをやったら設定画面からは設定し直すことはできない。尤も、設定し直しても全く意味ないが。そのうち作者が気付いてこのような手段をとる必要が無くなるだろう。

Symfony公式サイト
Symfony Eclipse Plugin公式サイト

アーカイブ