UITableViewの一覧にCora Dataで取得した内容を反映する


 Core Dataのサンプルとか、UITableViewのサンプルとかはネット上でも書籍でもかなり豊富にあるのだが、それらの組み合わせの例は意外と少ない。先日見つけた書籍はかなり詳しく書いてあって「これはいけるか!?」と思われたが、実は肝心なコードが抜けていた。それはMaster-Detail型で言うところのMaster画面でCore Dataから取得したデータの一覧をUITableViewに表示する際、一覧の見出しにデータの内容が反映されないのだ。おそらくその書籍の著者にとってはあまりに自明の事なので記載するのを忘れてしまったのだろう。あるいはそれくらいは自分で考えろという事なのかもしれない。

 まあここで毒づいても仕方が無いので対処方法をメモしておく。

 一覧に内容を反映させるには MasterViewController.m の 
- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
メソッドにコードを記述する。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
{
    UITableViewCell *cell;
    // iOSのバージョンによりセルの取得方法が変わる
    if (6.0 <= [[[UIDevice currentDevice] systemVersion] floatValue]) {
        cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:@"AnyId" forIndexPath:indexPath];
        [self configureCell:cell atIndexPath:indexPath];
    }
    else {
        cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:@"AnyId"];
        if (!cell) {
            cell = [[UITableViewCell alloc] initWithStyle:UITableViewCellStyleDefault reuseIdentifier:@"AnyId"];
        }
    }
    // ここでセルの表示を変更
    NSManagedObject* managedObject = [self.fetchedResultsController objectAtIndexPath:indexPath];
    cell.textLabel.text = managedObject.anyProperty;
    return cell;
}


 尚、iOSのOSバージョンを判別する方法は以下のサイトを参考にした。
http://syszr.com/s14.html

Leave a Reply

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ